尋常性乾癬を防ぐため生活を見直そう

尋常性乾癬は生活環境に様々な要因が潜んでいると考えられます。

・生活で注意する事

尋常性乾癬は生活環境でも様々な要因が潜んでいます。

肌が乾燥するとバリア機能が低下しますので、乾燥させないようにします。

皮膚は常に清潔に保ちますが、洗いすぎや石鹸の成分なども刺激を与えない、肌に優しいものを選びます。

意外と見落としがちなのは、衣類や下着です。

締め付けたり、擦れたりするような事がないよう、摩擦が少なく、肌に優しい素材、通気性の良い素材などを選びます。

適度な運動をして代謝を高くしておく事も大切です。

・食事の注意点

食生活の欧米化にともない、日本での尋常性乾癬の患者数が増えている事が分かっています。

脂っこい食事はなるべく避けて、高タンパク、または低タンパクでアミノ酸が多い物を積極的に取り入れてみましょう。

肌のバリア機能や免疫力を高めるには、抗酸化作用のある食材も有効です。

◎食事についてはコチラも参考に!⇒http://health-to-you.jp/psoriasis/kansennaosikata26009/

・まとめ

肌には適度に紫外線をあて、季節の変わり目は体調を崩しやすいので注意するなど、普段の生活でも工夫できる事はたくさんあります。

かゆみを伴う事もありますが、かゆくてもできるだけかかないようにする、かゆいときは冷やす、体を温めすぎないようにするなど工夫できるところはたくさんあります。

なんとなく傾向がわかってくると、そうなる前に予防や対処ができるようになりますので、自分の生活リズムと、尋常性乾癬を発症する原因やきっかけを把握しておく事が大切です。

尋常性乾癬と免疫との関係について

尋常性乾癬は単なる皮膚病と思われがちですが、実際には免疫や自律神経・ストレスなどに関わる疾患です。

【こちらもチェック!】・・・5つのタイプ…難病「乾癬」を見極める3つのポイント

・尋常性乾癬と免疫の関係

尋常性乾癬は人により症状が異なりますが、全身に発疹が出ると本人も辛いですし、見た目もあまりよくない事から、人に見られる事でどう思われるかなどを考えるだけで、さらにストレスがかかり、症状を悪化させる事があります。

ストレスは自律神経のバランスを崩し、免疫力を低下させるため、余計に症状が悪化するという悪循環に陥りやすくなります。

尋常性乾癬は、免疫やホルモンバランス、自律神経が大きく関係しているので、免疫力がポイントとなります。

・免疫力を高める生活

免疫力が下がっていると、皮膚に炎症を起こしたとき、ダメージが大きくなり、症状が悪化しやすく回復にも時間がかかります。

自己免疫力が高ければ、炎症にもある程度は対処できますし、肌のバリア機能をサポートできるので、免疫力を高める工夫をしてみましょう。

これには規則正しい生活や食事から摂る栄養なども重要です。

不規則になりがちな人は、規則正しい生活リズムを意識してみましょう。

・まとめ

尋常性乾癬は生活環境も要因の一つと考えられています。

悪い生活習慣は、尋常性乾癬以外にも様々な病気のリスクを高めてしまいます。

他の病気が原因で尋常性乾癬を発症する事もありますが、その場合はまず病気の治療を優先します。

病気に負けない強い体つくりを意識しつつ、生活習慣や環境、食事のみ直しなど幅広く対処していく事が大切です。

ストレスが多いと尋常性乾癬になるの?

尋常性乾癬は、原因がはっきりと解明されていませんが、ストレスが大きく関係している事がわかってきています。

・尋常性乾癬とストレスの関係

尋常性乾癬はストレスが大きく関係している事がわかってきています。

あくまでも原因の一つとして考えますが、ストレスを抱えている人はできるだけ解消するよう努力してみましょう。

尋常性乾癬はもちろんの事、ストレスは体に大きな負担をかけてしまいます。

ストレスを受けると自律神経がバランスを失い、体全体に影響が出始めます。

自律神経は体全体のバランスをコントロールしている神経ですから、少しでもバランスを失うとそれが全身にダメージを与えます。

これにより尋常性乾癬を発症するのですが、根本的な原因を解消できないままでいると、悪循環に陥ります。

・ストレスチェックをしてみよう

病気になっても免疫力や抵抗力で、ある程度は対応できますが、ストレスに関しては免疫が付かないため、なかなか対処できません。

性格なども関係してきますが、生真面目な人、責任感が強い人ほどストレスを感じやすい傾向にあります。

ストレスは目に見えないものでもあるので、なかなか自覚しづらい面もありますが、ネットなどで簡単にできるストレスチェックを利用するのもおすすめです。

・まとめ

尋常性乾癬は原因が複合しやすく、治療をしても再発のリスクが高いところが厄介です。

ストレスを軽減する事により、発症や再発のリスクを軽減する事ができれば、悪循環になる事を減らせます。

尋常性乾癬の薬物療法での副作用について

尋常性乾癬は病院で治療をする事ができます。

・尋常性乾癬の治療について

尋常性乾癬は病院で治療をする事ができます。

治療法は症状により異なりますが、主に薬物療法(内服薬・外用薬)と光線療法で対処します。

薬物療法については、症状により内服薬のみの場合と、外用薬のみの場合がありますが、療法を併用する事もあります。

薬の種類もいくつかありますが、外用薬ではステロイドを使用します。

ステロイドにあまり良いイメージを持たない人も多いのですが、ステロイドにも種類があるので効き目が強力なものから、弱いものまで症状によって種類を選びます。

内服薬は免疫抑制薬やビタミン剤を使います。

・薬の副作用について

尋常性乾癬の治療に薬物療法を選ぶ場合は、副作用が出る事があります。

これは尋常性乾癬の治療に限らず、薬を使う以上は何らかの副作用があるので、事前に副作用について知っておくと安心です。

例えば外用薬の場合は、普段は平気でもお酒を飲み体温が上昇したとき、皮膚が赤くなる、ピリピリするという副作用が起きる事があります。

内服薬の場合は、高血圧や心不全のリスクが高まるなどがあります。

・まとめ

ただし副作用は人により症状の出方が異なります。

必ずそうなるというわけではありませんが、服用する場合は何らかの副作用がある事を理解し、医師の指示通り正しく服用します。

もしもなにかの副作用が出た場合は、自分でなんとかしようとせず、すぐ医師に相談する事が大切です。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.